記事詳細ページ

飯豊中学校美術部生徒が笑顔看板をおばあちゃんたちに

飯豊中学校美術部生徒が笑顔看板をおばあちゃんたちに:画像

今年で11年目を向かえる“食彩しろつばき”直売のおばあちゃんたちにプレゼントがありました。立ち上げ当初70歳だった方が、今は80歳になられよぼよぼと思いきや、会議などでは聞き取りにくい、見にくいなど少し障害も見られますが商品の整え方や販売方法など格段に腕が上がったように思えます。又、ここ10年間には様々なイベントやPRの依頼、ボランティアなどに関わりメンバーの役割は大きなものでした。そして今回、白椿地区集落支援員 関川氏のお骨折りで飯豊中学校の生徒から笑顔看板と言う素敵なプレゼントを頂くことになり、本日いつもお世話になっている“がまの湯いいで旅館”の足湯後にて式典を行いました。代表の3名は自分の顔や仲間の顔を見て上手だな〜と感心しきりでした。ありがとうございましたlaugh

生徒を代表して激励の言葉をいただきました。

 

校長先生と美術顧問の先生と共に

 

一言一言がうれしく感じました。

 

そして贈呈されました。

 

おばあちゃんを代表して高橋さんがお礼の言葉を・・・「ありがとう(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

 

感激?

 

 

2018.11.08:[白椿地区公民館]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映