記事詳細ページ

いちごクラブ視察研修

いちごクラブ視察研修:画像

 8月4日(日)、いちごクラブ視察研修のため、宮城県大崎市・栗原市へ行ってきました。

 最初の行き先は、『ラムサール条約(湿地の保存に関する国際条約)』、また、マガンが飛び立つ音が『日本の音風景100選』に登録されているという伊豆沼のはすまつりへ。午前中にしかさかないという蓮の花。遊覧船を運転してくださる実行委員の方の説明を聞きながら、蓮の様々な表情を堪能しました。

 

 時間があったので、すぐ近くにある『伊豆沼サンクチュアリーセンター』へ。伊豆沼の秘密が盛りだくさん!!色んな仕掛けと共に、より詳しく沼の生態系などを学ぶことができました。

 

 昼食は、道の駅「みなみかた」に併設された『四季食彩 野の花』で。地元野菜を使った家庭料理をバイキング形式でいただきました。さすがベテランお母さん、色々組み合わせてオリジナルメニューでお腹いっぱい!

 

 午後は三本木ひまわりの丘へ。42万本の黄色い絨毯の様なひまわりと、ひまわりを原料とした特産品(クッキー、ハンドクリーム、アイスなど)を視察。

 場所を移して道の駅「やまなみ」へ。ここでも地元野菜やひまわりを使用した特産品を視察、お買い物。

 

 朝早い出発でしたが、充実した一日でしたね。みなさん、お疲れ様でした!

運転手の舟山さん、いつも安全運転ありがとうございます。長距離運転、本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.08.30:[白椿地区公民館]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映