記事詳細ページ

東部地区分館長(地区長)研修会実施

東部地区分館長(地区長)研修会実施:画像

 11月17日(木)の午後、東部地区分館長(地区長)研修会として、今年4月にオープンした「山形市南部児童遊戯施設(コパル)」への施設見学研修を行いました。
 午後1時に東部地区公民館を出発、移動時間を利用して『車中会議』を実施、,泙舛鼎り会議の日程変更8.3豪雨災害の東部地区冠水マップの作成まちづくり座談会の進め方等について協議を行いました。
 午後2時に施設到着、菅野副館長の案内で〇楡澆粒詰廚VTRでご説明いただき、参加者からの質疑∋楡澹学となりました。

 施設は『食育カフェ』や『話し合いのへや』『えいぞうとおとの部屋』『ものづくりのへや』とあり、『えいぞうとおとのへや』では、「エアーサッカー」を体験し盛り上がりました。体育館の遊戯は『自分で工夫して遊ぶ』五感を大切にした感性を育む場所となっていました。
 また、大型遊戯場は大きな木製の斜面があり、訪れていた子ども達は、登ったり滑ったり野山をかけ回るように元気に遊んでいました。
 コパルの3つの柱は、\犬る力▲ぅ鵐ルーシブC楼莇生であり、すべての子どもたちが「生きる力を育む、未来の遊び場」をスローガン的に示しています。
 飯豊町や東部地区に同様の施設を作ることは困難ですが、コパル建設の柱やコンセプトは、今後の育児・教育施設等の更新・建設を考える時に、重要なキーワードになると感じた研修会でした。

2022.11.21:[東部地区公民館(東部地区まちづくりセンター)]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映